アルギニンの効果と不足が及ぼす影響

近年、亜鉛とともに男性の間で注目度が高くなっている成分に"アルギニン"があります。

アルギニンはアミノ酸の一つであり、体内の成長ホルモンの分泌に大きく関係していると言われています。実は近年、アスリートの間でも積極的に摂られている成分でもあります。これにはアルギニンの筋肉強化や脂肪燃焼の効果が認められたことが影響しています。

ですので、現在生活習慣病の一つとされているメタボリック症候群にも効果が期待できるとしてダイエットサプリとうたっている商品に含まれることが多くなりました。

さらに、アルギニンには体内活性化や免疫力アップにも効果が期待できるとされています。

アルギニンそのものは体内でも生成されることが分かっていますが、その量が十分と言えないため体外から摂り入れる必要があるのです。では、アルギニンが不足してしまうとどのような影響があるのでしょうか?

アルギニンが不足すると肝脂肪になってしまう可能性があり、むくんだり肥満になったりする可能性が高まります。また、アンモニアの解毒も不十分になることも予想されます。

アルギニンがなぜ脂肪燃焼効果があるかというと、成長ホルモンの分泌を促す作用を持っているため、代謝を高めることにつながり、体内の脂肪を減らしてくれるのです。

そのため、アンチエイジングや動脈硬化など効果は様々なのです。

アルギニンに関して詳しくはコチラhttp://xn--vckvb3bzb4b1c9188abhat23oqf6b.com/ingredient/aruginine/をご覧ください。